MICHEL♂ 横浜在住 2004.4.13生まれ


by hyroco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

バッチフラワーレメディ講習会

レメディ初心者向け講習会 in HONEY GARDEN CAFE

最近話題のレメディ・・・
じ、じつは、、かなり最近になって知ったのです。
レオポルドくんのママのお陰で初心者講習会に参加できる事になり、基本から丁寧に教えていただきました。
e0064022_1157521.jpg

自分なりに説明しようとすると間違った事をお伝えしそうなんで・・・
HPから、そっくりそのままお借りしましたーっ ↓


『バッチフラワーレメディは、心の平安を取り戻したり、否定的な感情に対処するための癒しのシステムです。
イギリスの医師であり細菌学者であったエドワード・バッチ博士によって1936年に完成されました。

彼は高名な医者でしたが、患者の訴えに耳を傾けるうち、真の病気の原因は感情や心の乱れにあると考え、自身で新しい治療法を模索するようになります。
そして野生の植物に心や感情を癒す不思議な力があることに注目、長い年月をかけた研究の末、
38種類からなるバッチフラワーレメディを完成させました。
現在、イギリスはもとより、世界中で愛用されています。

バッチフラワーは医薬品のように身体的な病気や病状に直接作用するものではありません。
お花の持つエネルギーが、人々の感情に働きかけ、心のゆがみを整えて、バランスを取り戻すことによって、自然治癒力をもたらし、心身の健康を導きます。
自分の性格や現在の心の状態をみて、それにふさわしいレメディをとることで、感情の乱れを改善する手助けとなります。

バッチフラワーにはまったく副作用がありません。
依存性や習慣性もありませんから、他の薬剤や治療法と併用することができ、赤ちゃんからお年寄りまですべての方が安心して飲むことが出来ます。
間違って別のレメディを選んだとしても問題ありません。
日常的なストレスの解消、問題のある性格や習慣を改善するため気軽にお使いになれます。』


そして、ミッシェルの用にトリートメントボトルを作りました。
先生に相談しながら、38種類の中から選んだのは・・・

●チェリープラム(コントロールを失って、自傷行為に走ったり、暴れたりする)
●ヘザー(誰彼かまわわず、周囲の注意をひこうとし、ひとりぼっちを恐れる淋しがりやに)
●インパチエンス(せっかちで、早く早くと周りをせかしたり、性急にイライラしているような時に)
●オリーブ(病気や、過労の時など、心身ともに疲労困憊している時に)
●バーベイン(活発で興奮しやすく、何かに熱中しすぎて、じっとしていられない状態に)
e0064022_11561746.jpg

この5種類を2滴ずつボトルに入れ、ミネラルウォーターで希釈して完成。
1日4回、1回4滴を直接もしくは食べ物や水に混ぜます。
これを3週間続けるのです。効果はいかに・・・

みだいちゃん元気でした!良かったです。
e0064022_11594552.jpg

バムセくんはバム村からバビューンと登場=3
e0064022_1203750.jpg

隣の席だったバムセくんとは、お互いに可もなく不可もなく、お尻合いになったり。
e0064022_124217.jpg

e0064022_1241071.jpg

またまた携帯のみで、どうしようもない写真だったのでお名前だけ・・・
レオポルドくん&chocolatさん
ピキィちゃん&ママさん
ラパンくんお留守番でママさん
エビスちゃん&ママさん
先生、皆様、どうもありがとうございました♪
[PR]
by hyroco | 2006-08-12 23:53